SONRマガジン

モチベーションが低下する原因と対策とは?

モチベーションが低下し落ち込む男性

仕事や日常生活をおくる上で、やる気や意欲の維持は欠かせないことですので、なるべくモチベーションの低下は避けたいですよね。

しかしモチベーションは、環境や体調の変化などによって左右されやすく、基本的に不安定なものです。

モチベーションが下がった時に役立つ対策方法をあらかじめ知っておくことで、意欲の低下を防ぐことができます。

本記事では、モチベーションが低下する原因やデメリットなどについて解説します。

モチベーションが低下する原因とは?

モチベーションが下がる原因

モチベーションが低下する原因は、人によってさまざまですが、ほとんどの方に共通するのが「現状に満足できていない」という点です。

ここでは、モチベーションが低下する原因について、詳しく解説していきます。

仕事に不満がある

仕事に従事している方だと、1日の大半を仕事の時間に費やする場合が多いため、仕事がうまくいっていないとモチベーションの低下につながります。

  • やりがいや達成感がない
  • 仕事に将来性を感じない
  • 労働環境が悪い
  • 職場の人間関係がよくない

以上のようなことが原因で、仕事に対して不満を抱えている方は少なくありません。

プライベートに悩みを抱えている

プライベートと仕事は密接に関係しています。そのため、仕事がうまくいっていても、プライベートが充実していないと、毎日のモチベーションが維持できないことがあります。

  • 家族や人間関係がよくない
  • 衣食住が満たされていない
  • 経済上の問題

プライベートの悩みは、ほとんどの場合で以上の3つに分けられます。 人は衣食住が満たされていないと、健康的な生活が送りにくくなり、物理的にも精神的にもさまざまな悪影響が生じます。

不健康だから

不健康になる原因は、不摂生な食事や運動不足などさまざまな要因がありますが、特に健康に悪影響を与えるのが「睡眠不足」だと言われています。

人は「6〜8時間」の睡眠時間が理想的とされており、睡眠不足になると、日中の眠気や意欲の低下、記憶力や判断力の低下などが生じ、ストレスの増大や生活習慣病の原因など、精神的にも物理的にも悪影響を及ぼします。

人間関係の問題

モチベーションは人間関係でも大きく左右されます。

良好な人間関係がもたらすものは、相談・協力・助けてくれる人がいるという安心感だったり、人との関わりそのものが気分を良くしてくれたりと、さまざま要素があります。

また、仕事のモチベーションが上がらない理由のひとつに「人間関係」が挙げられます。

人間関係が良好な職場は、仕事に必要な情報共有やコミュニケーションが活発に行われ、大きな成果につながりやすくなります。

関連記事「モチベーションを維持する方法とは?メリットやおすすめツールのご紹介

モチベーションが低下することで生じるデメリット

モチベーションが低下することで生じる影響

モチベーションの低下は、仕事や生活の質の低下が生じやすくなり、物理的にも精神的にもあまり良いものではありません。

ここでは、モチベーションの低下によって生じる影響について解説します。

意欲や気力が低下する

日常生活を潤す要素のひとつに、自身から沸き起こる「意欲・気力」があり、それは興味や関心とも言えます。

例えば、仕事や勉強に対してのやる気や探究心、また美味しい食事がしたいなどの興味や意欲などがモチベーションの低下によって減り、その結果、周りのことに興味や関心を示さなくなってしまいます。

生活や仕事の質が下がる

疲弊する人間関係や、仕事への不満が生じると、心身の健康や仕事の成果や給料など、さまざまな領域で悪影響が出てしまい、生活や仕事の質が低下しやすくなります。

生活の満足度を上げることが仕事やプライベートでの活力になり、理想的なライフスタイルの実現につながります。

以下の項目では、「生活の質」や「人生の質」といった意味合いを持つ「QOL」について解説していきます。

モチベーションの低下を防ぎ維持することがQOLの上昇につながる

モチベーションの低下を防ぎ維持することでQOLが上がっている女性

近年では「QOLを高める」といったように、「恵まれた環境で仕事や生活を楽しむ豊かな人生」という新たなライフスタイルが多くの人に注目されています。

QOLとは、quality of life(クオリティ・オブ・ライフ)の頭文字をとった略称で、仕事や生活の質という意味合いをもちます。

QOLの高さは、良好な人間関係や心身の健康、働きやすくやりがいのある仕事や生活の余韻の過ごし方など、さまざまな観点で評価され、生きがいや自己実現など、物質的なものではない精神的な満足度が重要視されています。

モチベーションのアップはQOLの上昇に大きく作用するため、なるべくモチベーションの低下を避け、意欲ややる気を維持させるように工夫をすることが大切です。

モチベーションの低下を防ぐ方法

モチベーションが低くなることは、誰にでも起こりうる事です。その時に、あらかじめ対策方法を知っておくことで、すぐに解決できる可能性が高まります。

もしモチベーションが失われた場合は、これから紹介する方法で解決できないかどうか、確認してみるのもよいでしょう。

ここでは、モチベーションの低下を防ぐ方法を3つ紹介します

意欲が湧く「目標」を作る

「目標を達成すると、ご褒美がある!良いことがある!」という状況を作ると、自身から「やるぞ!」という意欲が沸き上がり、自発的に目標達成に向けて取り組みやすくなります。

また、目標の大きさや種類は人によって異なりますが、数時間〜1日でクリアできる小さな目標と、数ヶ月〜数年かけて達成する大きな目標を複数持つのがコツです。

小さな目標達成を日々コツコツと積み重ねることで、長期間モチベーションの維持がしやすくなりますし、大きな目標は人生に潤いを与えますので、モチベーションを上昇させることに必要な要素です。

モチベーションが高い人を「真似る」「ライバルに設定」する

モチベーションが高い人の真似をする女性

自分が目指したいような人を観察し、その人に近づくためにはどうしたらよいのか考え、分析して実行してみると、モチベーションが維持でき、低下を防ぐことができます。

モチベーションが維持できている人は、仕事の進め方や、普段よく言っている言葉や良い習慣など、何かしら自分にはないものが見つかるはずです。

真似ることがある程度できてきたら、今度はライバルに設定するのもひとつの方法です。

悪影響が出ない程度にできる限り真似をし、それを繰り返していけば、ライバルに勝つ達成感を味わうことができるため、それが仕事や日々のやる気につながり、モチベーション低下を阻止することができます。

「コミュニケーション」を積極的にとる

人とのコミュニケーションは、プライベートだけでなく仕事においても良い効果をもたらします。

仕事の同僚や上司、家族や友人との会話を通じて、新たな情報を得て意欲が沸いたり、お互い楽しい時間が過ごせて信頼関係の構築になったりと、人為的な良い刺激になります。

このように、人と円滑なコミュニケーションをとることは、日々のやる気やモチベーションアップの原動力となります。

モチベーションの向上にはコミュニケーションツール「SONR」の活用が効果的

社内コミュニケーションツール「SONR(ソナー)」

これまで、モチベーションが低下する原因と対策を紹介してきました。

人とのコミュニケーションは外部からの良い刺激となり、モチベーションのアップに大きく影響することがわかりましたね。

これから紹介する「SONR」は、オンライン上で円滑なコミュニケーションがとれるツールで「もっともシンプルで、もっとも簡単な」をプロダクトポリシーにしており、仕事の同僚や上司と手軽にコミュニケーションがとれます。

自分に関わりのある情報やタスクがまとめて表示されるのがSONRの特徴で、ニュースフィードをSNSのタイムラインのように、スクロールしながら一目で確認が可能。

情報を確認したら、「確認ボタン」を押してニュースフィード上から非表示に。ワンクリックでフィードの整理ができ、重要な情報が流される心配がありません。

SONRの特長
  • シンプルで誰でもかんたんに操作ができる
  • 300名までで月々2万円 中小企業が導入しやすいプラン
  • 組織外メンバーとも共有可能
  • 全国の中小企業1,000社以上での導入実績

SONRの特徴 全国の中小企業1000社以上での導入実績がある「SONR」は、多くの業種での生産性向上と業務効率化の実績があり、ITツールの使用に不安がある企業様でも、安心して導入いただけます。

さらに、中小企業が導入しやすいコスト、導入の訪問サポートやオンラインサポートなどが充実しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

お問い合わせはこちらから
SONR HPはこちら

社内コミュニケーション
タスク管理ツール