ブログ

仕事ができる人の考え方や習慣 成果を出す人が意識する行動とは

仕事ができる女性達

仕事ができる人は何を考え、どんな習慣があるのか気になったことがありませんか?

「仕事ができる人」と周りから評価され良い仕事ができるようになると、なにより仕事が楽しくなりますし、その影響で給与アップやプライベートの充実と、さまざまな方面で良い影響をもたらします。

そこで本記事では、仕事ができる人に共通する特徴や習慣などを深掘りするとともに、今日から実践できる仕事ができる人になるための方法をご紹介します。

「仕事ができる人」とは?

仕事ができる人とは、一般的に「周囲から評価が得られる人」を指します。

評価の基準は、役職や仕事の種類によっても異なりますが、仕事の成果はもちろん、コミュニケーション力や立ち振る舞い方、仕事に対する姿勢や考え方など、人柄も含め「周囲から信頼されているか」が重要なポイントになります。

仕事ができる人の8つの特徴

仕事ができる人は、どのような特徴があるのでしょうか。

私たちとスタートラインは一緒のはずなのに、毎日の行動や仕事への取り組み方で、スキルや成長に差が出てくる可能性もあるため、これから紹介する仕事ができる人の特徴をしっかりと理解し、仕事に活用していきましょう。

レスポンスや仕事をこなすのが早い

仕事ができる人の特徴

仕事ができる人は、他者と比べてメールやチャットの返信が早いです。

また短時間で終わる業務は、素早く完遂させるといった、圧倒的なスピード感で仕事をこなすのも大きな特徴です。レスポンスの素早さや、スピード感を持って仕事をするタイプの人は、同僚や上司、お客様など、さまざまな人に対して喜ばれます。

また特に、お互いの様子がわかりづらいテレワーク等の場面での”早さ”は、信頼性の向上や高い評価に繋がります。

コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力は、仕事を円滑に進めるために特に重要視されるものです。

他者との会話の中で、論理的に伝え、説得するスキルが高いのが特徴で、かつ「相手にわかりやすい言葉で伝える能力」が、非常に高い傾向があります。

また、他者とのコミュニケーションが良好だと、周囲の協力を得ながら仕事に取り組みやすくなるため、スムーズに業務を進めることができます。

関連記事:ビジネスコミュニケーションの基本的なスキルや能力を向上させる理由・メリットを解説

周囲への気遣いや他者へ感謝ができる

気遣いとは、基本的に「人を思いやる行為」のことを指します。

「良い気分で過ごしてほしい」「相手に不快な思いをさせたくない」といった、相手のことを思う気持ちからくる行いのことで、他者への気遣いや感謝をする気持ちは、お互いにスムーズに仕事を進めるために必要なことです。

仕事ができる人は、「普段から感謝の気持ちを持ち、気遣いができると仕事が効率的に進む」ことを知っているため、普段から他者への気遣いを心がけ、感謝をする気持ちが大きい特徴があります。

思考の言語化が上手い

仕事をする上で、自分の思考を他者に理解してもらうための「思考の言語化」をするスキルは、とても重要なことです。

仕事ができる人の「言語化能力」は、自身の頭の中にある気持ちや考えの不要な要素を排除し、言語の純度を高め、その内容をできるだけ簡潔にし他者へ伝える「要約能力」が高いのもポイントです。

言語化能力が高い人は、自分の主張を的確に相手へ伝えることができるため、仕事の効率や生産性が高まります。

相手に合わせて会話レベルを調整する

仕事ができる賢い人は、「会話を相手のレベルに合わせる」特徴があり、なるべく難しい言葉を使用せずに、相手にとってわかりやすい言葉で話をしてくれます。

また、「物事の本質を理解しようとする」のが得意なので、抽象的な話や内容がわかりづらいことでも、「つまり〇〇ってことですか?」というように、相手が理解できるように要点を絞り出し、話をわかりやすくします。

タイムマネジメント能力が高い

仕事ができる人は、時間を無駄にせず、効率的に仕事を行うことを目指します。

仕事で良い結果を出す人は、頭が冴えて集中しやすい時間帯に難しい案件に取り組み、時間を有効活用しようと努めます。

また、時間を上手に使うために全体のスケジュールを把握し、自分の抱えている仕事の締め切りなどを常に意識しています。

そして、自分のプライベートとの兼ね合いも含め、仕事が予定通りに仕上がるように、1日や1週間の時間配分を決め、イレギュラーなことがあっても柔軟に対応し、なるべく予定通りに仕事を進めます。

行動力や判断力がある

行動力がある人は、「自ら考えたことを実行できる力が強い人」のことを指します。決めたことは最後までやり遂げる意思も強く、思考や発言だけで終わらせません。

例えば仕事やプライベートにおいて、率先して計画や準備を行い、メンバーに指示を出せるといった、リーダーシップを発揮するのも行動力のひとつです。

また、行動力がある人は好奇心や成長意欲が高く、自分の知らない知識や経験に対して、興味を持てるタイプが多く、結果として自身の仕事能力を高めることに繋がり、「仕事ができる人」として、周囲に高く評価されます。

プライドが高すぎずアドバイスを受け入れる素直さがある

仕事ができる人とは、周りからの信用を得られている人のことを指すため、「プライドが高すぎず素直で謙虚な性格な人」が多いです。

自分のスキルや知識が不足しているときは、素直にわからないと言い、周囲に頼ったりアドバイスを受け入れたりします。

仕事ができる人はいわばリーダー的な存在になるため、リーダー的存在の人が周りを頼っている場面を見ると、職場で自然と助け合える良い雰囲気ができ、チーム力の向上につながります。

仕事ができる人の考え方

仕事ができる人の考え方

仕事ができる人と、できない人の違いは何なのでしょうか。それは仕事に対する「考え方」にあります。

ここでは良い仕事をする人の考え方を、具体的にご紹介します。

「生産性」を高める方法を考える

仕事ができる人は、「自分の仕事」と「チームの仕事」を体系的に捉え、それぞれの重要度や優先順位を瞬時に見極めて判断する能力に長けています。

また、自分がやる仕事と、誰かに依頼する仕事を明確に分け、複数のタスクを走らせつつ、全体像を捉えながら確実に仕事の成果に繋げます。

できる人は、ここぞという時に集中して仕事に取り組み、さまざまなツールを活用しながら無駄な作業時間を減らし、スピード感を持って仕事に取り組むのも特徴です。

物事を「論理的」に捉える

物事を論理的に捉えることは、社会人において必要不可欠なスキルで、さまざまな仕事をこなす上で重要なベースとなります。

論理的思考が身についていると、複雑で抽象的なものを整理し、物事を体系的に捉えることができます。

そうすると、仕事全体の構造をつかむことができるので、問題が発生した時の解決力や、プレゼンや提案力が向上し、あらゆる面で仕事が良い方向へすすみます。

他責でなく「自責」で考える

仕事ができる人は、基本的に当事者意識が高いため、他責でなく自責で物事を考えます。

例えば自分が関わる仕事で、誰かがミスをした場合、仕事ができる人は自責で考え「自分にもミスを引き起こす原因があったかもしれない」などと考え、ミスをしたプロセスを紐解き、無駄や改善点などの対処をし、リスクマネジメントを行い周囲の信頼に繋げます。

「理由」を常に考える

できる人は、仕事が成功しても失敗してもその「理由」を考えます。

仕事がうまくいった場合は「成功した理由」を考え、再現性を高めて、また次の仕事も成功させようとします。

また仕事がうまくいかなかった場合は、うまくいかない「理由」を考え、原因を紐解きます。そして新たな対策やルールを作り、同じ失敗を繰り返さないように努めようとします。

そして、仕事の成功と失敗を幾度と重ね、要領を掴み経験を積み、仕事を完璧に遂行します。

仕事ができる人の習慣

仕事ができる人の習慣

仕事ができる人は、毎日の積み重ねである「習慣」を持ち、習慣化することで、努力や苦労をすることなく、無意識に「仕事を進めやすくするような行為」を行っています。

ここでは仕事ができる人が、普段から行っている習慣についてご紹介します。

新しい情報をキャッチアップする

キャッチアップとは、「遅れを取り戻す・追いつく」などの意味を持ち、ビジネスシーンにおいては、「仕事や業務の内容を理解する」や「最新の情報をキャッチする」という行動を指します。

特にIT系の仕事では、最新の情報を素早くチェックする事がとても重要で、キャッチアップした情報は、業務に落としこんだり業務効率化のヒントにしたりして活用します。

このように、仕事ができる人は常にアンテナをはり、最新の情報をチェックすることで、自分の知識やスキルに足りない情報を自分に取り込んで、仕事の成果に繋げます。

身の回りの整理整頓をする

仕事ができる人は、自分の作業場やデスク周り、パソコンの中身を定期的に整理整頓をする習慣が身についています。

というのも、整理整頓をすると、業務効率化や集中力アップに繋がるということがわかっているからです。

例えば、デスク周りの物の置き場所が決まっていて、パソコン内のフォルダの整理がされていると、その物がほしい時に素早く見つけることができ、探す手間と時間が減るメリットがあります。

またデスク周りが散らかっていると、それだけで集中しづらくなり、仕事へ影響が出るため、仕事ができる人の作業場所は常に整理整頓がされています。

体調管理やコンディションに気を配る

仕事ができる人は、体調管理を上手く行っている人が多く、日常的に運動を取り入れたり、睡眠時間を確保するように日中のスケジュールを考えたりと、さまざまな方法で自身の体調管理に気を配る習慣があります。

適度な運動を行い引き締まった体になると、自己肯定感のアップになりますし、運動は脳にも良い影響を与えると言われており、その他にもたくさんのメリットが得られます。

また、睡眠不足は作業効率や集中力の低下に繋がるため、仕事ができる人は睡眠時間を確保することを日頃から心掛けています。

できる人の仕事の進め方

仕事の進め方が上手い人は、効率よくスピーディーに仕事をし、高い成果に繋げます。 ここでは、できる人が実践している仕事の進め方を詳しく解説します。

主体性を持って能動的に動く

周囲の意見や指示に頼らずに、自分自身の考えの柱を持ち、仕事に取り組むような主体性がある人は、仕事ができる人が多いです。

仕事に対して主体性を持ち、能動的に動ける人は、ゴールに至るまでの目標設定やタスク管理が上手く、目標クリアに向けて効果的に行動ができる特徴があります。

人に仕事を任せる

他の人に仕事を任せる事ができるのも、できる人の特徴です。

仕事ができる人は、メンバーそれぞれの得意なことや状況を把握した上で、適材適所で仕事を任せる事ができるため、結果として仕事がスピーディーに進み、高い成果に繋げます。

また「何を誰にどういった形で任せるのか」といった判断力や決断力があり、仕事の内容をわかりやすく相手へ伝えるスキルにも長けています。

人を巻き込むようなコミュニケーション能力が高いのも、仕事ができる人の業務の進め方のひとつです。

行動しながら軌道修正をする

仕事を進めながら、想定から少しずれたり、新たな良い仕事の進め方を見つけたりすると、仕事ができる人は、軌道修正をしながら仕事を進めます。

どのように修正を行えば仕事が効率よくスムーズにすすめられるのか、その時の状況やメンバーといった全体の状況把握が瞬時にでき、判断が早いのも仕事ができる人の特徴です。

関連記事:できる人の仕事の進め方って? 効率のよい仕事をするための4つのポイント

「仕事ができる人」になるためにするべきことは?

仕事ができる人になるための方法

仕事ができる人だと評価されるためには、毎日の生活の中で何を考えてどう行動するかが大切です。

ここで紹介する“できる人になるための方法”について、今から始められるものを中心にまとめました。以下を参考にして、ぜひ実行していきましょう。

周囲の仕事ができる人を観察し真似をする

「仕事ができる人」になるためには、周囲の仕事ができる人を探し、その人の仕事ぶりやスキルを直接見て、できる限り真似してみるのがおすすめです。

仕事ができる人を観察することで、仕事の進め方やその人の持つスキル、身振りや人との接し方など、自分にはなかった新たな発見があります。

また、その人に直接話を聞いてみたり勉強会に参加してみたりと、仕事ができる人になるためには、さまざまな方法があります。

自分の存在意義を理解する

自分の担当業務や、会社にとっての自分の役割とは何かを考え、自分の存在意義をきちんと把握することで、仕事の目標が明確になり、当事者意識を持って仕事に取り組むことができます。

また、会社の中での自分の位置づけや、他部署や他者との関係性などを自身の中で整理し、理解をする事で新たな発見や目標が生まれることがあります。

期待以上の成果を出すように意識する

与えられた業務を期限内に遂行することは、社会人にとって最低限必要なことです。

仕事ができる人は、そこから「この業務を行う理由は何か」を考え、「この仕事で周囲にどんなメリットをもたらすのか」といったように、自発的に思考を深め、そこから見える自身の課題や目標を設定します。

そして、自分なりの付加価値をつけたり改善ポイントがないかなどを考えたりし、主体的に仕事に取り組んで高い成果に繋げます。

情報共有やコミュニケーションを積極的に行う

仕事ができる人は、情報共有を積極的に行います。

例えば、仕事のメンバーが知ることでメリットが得られる情報は、積極的にメンバーに共有しチーム力の向上に貢献します。

また、仕事で情報共有を積極的に行うことで、メンバー同士のコミュニケーションが活発になり、社内の状況がよく見えるようになり、ほしい情報にもすぐにアクセスしやすくなります。

仕事ができる人はコミュニケーション能力が高い!情報共有ツール「SONR」の活用が効果的

社内コミュニケーションツール「SONR(ソナー)」

仕事ができる人は、仕事を円滑に進め、高い成果を上げるために積極的にコミュニケーションをとろうと考え行動します。

これから紹介する「SONR」は、オンライン上で円滑なコミュニケーションがとれるツールで「もっともシンプルで、もっとも簡単な」をプロダクトポリシーにしており、仕事の同僚や上司と手軽にコミュニケーションがとれます。

自分に関わりのある情報やタスクがまとめて表示されるのがSONRの特徴で、ニュースフィードをSNSのタイムラインのように、スクロールしながら一目で確認が可能。

情報を確認したら、「確認ボタン」を押してニュースフィード上から非表示に。ワンクリックでフィードの整理ができ、重要な情報が流される心配がありません。

SONRの特長
  • シンプルで誰でもかんたんに操作ができる
  • 300名までで月々2万円 中小企業が導入しやすいプラン
  • 組織外メンバーとも共有可能
  • 全国の中小企業1,000社以上での導入実績

全国の中小企業1000社以上での導入実績がある「SONR」は、多くの業種での生産性向上と業務効率化の実績があり、ITツールの使用に不安がある企業様でも、安心して導入いただけます。

さらに、中小企業が導入しやすいコスト、導入の訪問サポートやオンラインサポートなどが充実しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

お問い合わせはこちらから
SONR HPはこちら

SONR製品資料

資料ダウンロード

SONR製品資料や活用事例をはじめ、効率的な働き方に役立つ資料をダウンロードいただけます。