ブログ

働き方改革のメリットとその必要性とは?会社・社員それぞれの視点から解説

働き方改革のメリット

日本の労働環境には、労働の長時間化、非正規社員と正社員の格差、多様性を受け入れる環境の未整備などの課題があります。そういった課題を解決するため、政府による「働き方改革」への取り組みが始まりました。

しかし働き方改革といっても、「働き方改革によって、どのようなメリットが得られるのかわからない…」といった疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、そもそも働き方改革とは何か、そのメリットや目的などと併せてわかりやすく解説していきます。

そもそも働き方改革とは?

長時間労働で疲れる男性

働き改革とは、国民一人ひとりが多様で柔軟な働き方を「好きなように選択できる」ように、労働環境を根本的に改善しようという取り組みのことを指します。

日本政府が掲げた「一億総活躍社会」というキャッチフレーズのもと、誰もが仕事で活躍できるように、各企業ではさまざまな取り組みが行われており、「家庭と仕事の両立」や「少子高齢化による人口の減少」はもちろん、近年の「感染症の影響」などの対策も含めて、これまでの働き方が大きく見直されています。

働き方改革がなぜ必要とされるのか?

働き方改革が必要とされる背景には、いくつかの社会的要因があります。

ここでは、働き方改革の必要性について詳しく解説していきます。

長時間労働の解消

働き方改革が必要とされる理由のひとつが「長時間労働」です。

日本では多くの企業で長時間労働が常態化しており、「みなし残業」や「サービス残業」などと呼ばれる時間外労働の長さが問題視されてきました。

長時間労働が常態化してしまうと、働き手は出産育児や介護との両立が難しくなり、場合によっては心身の状態が悪くなってしまう恐れも。

そのため、解決策として以下のような施策がさまざまな企業で取り入れられています。

  • 無駄な業務を減らし効率化を図る
  • 残業の事前申請制
  • 長時間労働者への健康措置

また他の施策には、「フレックスタイム制の導入」「テレワークの導入」などがありますが、詳細は「働き方改革を実現するための企業の取り組み」の章でまとめます。

非正規社員と正社員との格差

非正規社員と正社員の格差をなくしていくのも、働き方改革のひとつです。

正社員か非正規社員かという雇用形態の違いだけで、待遇や賃金の格差が生じている企業も少なくありません。

例えば派遣社員の場合、派遣切りにあったり交通費や通勤手当が支給されなかったりなど、さまざまな不平等や格差がありますが、それらも働き方改革によって改善すべき課題の一つです。

多様な働き方の実現

仕事をする場所や時間に捉われない多様な働き方を推進することによって、育児・介護・病気など、さまざまな事情を抱えている人でも働きやすい環境を整えることが可能になります。

特に女性は、出産や育児によってキャリアが途切れたり退職を余儀なくされることも少なくありませんが、働き方改革によって多様な働き方が実現できれば、家庭の事情を抱える人でも働き続けることができ、企業は優秀な人材を確保し労働力を増やすことができます。

働き方改革のメリット

働き方改革で仕事の生産性が向上する

働き方改革で得られるメリットは数多くあります。

ここでは会社と社員、それぞれの視点から見たメリットを解説します。

会社側からみたメリット

生産性の向上

長時間労働の見直しを行うことで、生産性の向上が期待できます。

仕事は限られた時間の中で、いかに効率よく仕事を進めるかという工夫が求められます。

働き方改革によって長時間労働が解消されることで、短時間で集中して効率よく業務が行えるというメリットがあります。

人材不足の解消

働き方改革によって労働環境などを改善することで、優秀な人材の確保にもつながります。

誰しもブラック企業には勤めたくはないものです。
そのため、働き方改革に積極的に取り組み、社員にとって働きやすく魅力的な環境を整えることで「社員のキャリアビジョンやライフワークバランスを大切にしてくれる企業」だと見なされ、優秀な人材を確保しやすくなります。

社員からみたメリット

子育てや介護との両立

子育て世代や家族の介護を抱える社員は、仕事と家庭との両立が難しく、時短勤務やパートタイムへと切り替えたり、最悪の場合は退職したりと、働き方の見直しをせざるを得ないケースが多々あります。

しかし働き方改革によって多様な働き方が実現することで、家庭の事情があっても働きやすい環境が整い、仕事と家庭の両立がしやすくなります。

ライフスタイルにあった働き方の実現

短時間労働や在宅勤務など、好きな働き方を自由に選択できることで、通勤や満員電車などのストレスから解放され働きやすい環境が実現できます。

またさらに、副業や新たなスキルの習得に励んだり、家族や趣味の時間を多く確保したりなど、より良いライフスタイルを充実させるための時間がとりやすくなります。

働き方改革を実現するための企業の取り組み

働き方改革の具体的な取り組み内容

これまで、働き方改革のメリットや必要性をご紹介してきました。

しかし、「結局どのような取り組みをしたらよいのか、いまいちイメージが湧かない…」と思われる方は少なくありません。

そこで、企業が実際に行っている具体的な取り組みについてご紹介します。

社内託児所の設置

子育て中の社員が活躍できる職場にするためには、社内託児所の設置が効果的です。

乳幼児を抱えている中、いざ働こうと思ったとき、「待機児童がいっぱいで、保育園に入れない…」という問題が多くの家庭に立ちはだかります。

このような課題を解決するために、社員の子供を預かるように環境を整えることで、小さな子供がいても働きやすくなるというメリットが生まれ、育児と仕事の両立が実現します。

フレックスタイム制の導入

フレックスタイムとは、日々の生活と仕事のバランスを取りながら効率的に働くことができる制度です。

1日の労働時間が定められていないため、社員自身が1日の労働時間を自由に決めることができます。

そのため、育児や家族の介護などのような事情を抱えていても、家庭の諸事情に合わせて効率的に時間配分や調整ができるため、私生活と両立しやすいというメリットがあります。

また、家庭と仕事の両立ができて上手くバランスがとれることで、心身ともに健康な状態を維持することができ、仕事へのモチベーションを保ちやすくなります。

テレワークの導入

自宅やコワーキングスペースなど、好きな場所で仕事ができるように「テレワーク制度」を整えるのも、働き方改革の取り組みのひとつです。

出社をせずに自分の好きな場所で仕事ができて、通勤時間を家事や趣味の時間などにあてるなど、時間的な自由度が高まるのが大きな魅力です。

テレワークを導入することにより、他の社員と直接対面する機会が減り、社内コミュニケーションや業務進行に影響が出るのでは…という懸念を持つ企業も少なくありませんが、その課題はコミュニケーションツールを導入することによって解決が可能です。

ほとんどのコミュニケーションツールにはチャット機能がついているため、まるで会話をしているかのようなコミュニケーションが取れます。また、仕事に必要な情報共有やタスク管理も可能であるため、これまで以上に円滑にコミュニケーションが取れるようになります。

コミュニケーションツールなら「SONR」がおすすめ

社内コミュニケーションツール「SONR(ソナー)」

働き方改革によって在宅勤務やテレワークを導入した場合、さまざまな機能が充実しているコミュニケーションツールを活用するのがおすすめです。

タスク管理ツール「SONR(ソナー)」は、インターネット環境があれば、パソコンやスマートフォンなどで手軽にタスク管理や情報共有ができます。

SONRは、オンライン上で円滑なコミュニケーションがとれるツールで「もっともシンプルで、もっとも簡単な」をプロダクトポリシーにしており、誰でも簡単に操作ができます。

また、自分に関わりのある情報やタスクがまとめて表示されるのがSONRの特徴で、SNSのタイムラインのように、ニュースフィードをスクロールしながら一目で確認が可能。

情報を確認したら、「確認ボタン」を押してニュースフィード上から非表示に。ワンクリックでフィードの整理ができ、重要な情報が流される心配がありません。

SONRの特長
  • シンプルで誰でもかんたんに操作ができる
  • 300名までで月々2万円 中小企業が導入しやすいプラン
  • 組織外メンバーとも共有可能
  • 全国の中小企業1,000社以上での導入実績

全国の中小企業1000社以上での導入実績がある「SONR」は、多くの業種での生産性向上と業務効率化の実績があり、ITツールの使用に不安がある企業様でも、安心して導入いただけます。

さらに、中小企業が導入しやすいコスト、導入の訪問サポートやオンラインサポートなどが充実しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

お問い合わせはこちらから
SONR HPはこちら

SONR製品資料

資料ダウンロード

SONR製品資料や活用事例をはじめ、効率的な働き方に役立つ資料をダウンロードいただけます。