ブログ

仕事に集中するための効果的な方法とは?集中力を保つコツや習慣も併せて紹介

仕事に集中するための効果的な方法とは?

仕事に集中して取り組みたいのに、気がついたら手が止まっていて仕事以外のことを考えていた…という経験をしたことはありませんか?

業務を行う際は、生産性を上げるためにも集中して取り組むのが理想的です。しかし実際は、仕事を行う環境や自身の体調の影響などにより、集中力を上手にコントロールするのは難しいものです。

そこで今回は、集中するための効果的な方法やコツを、事前準備などと併せてご紹介します。

仕事に集中するための事前準備

集中するための事前準備

仕事に集中するためには、事前準備が大切です。
ここでは、集中力を維持するために必要な事前準備についてまとめました。

今日やるべき仕事の内容や流れを確認する

仕事を始める前に、「この仕事は優先的にすすめよう」「明日納期のタスクがまだ処理されていないから早めに連絡をしよう」などと、今日やるべき作業や優先度を明確にすると作業がスムーズに進むようになり、集中力が続きやすくなります。

仕事について悩んだり考え込んだりして手が止まってしまうと、集中力が途切れやすくなるため、仕事を始める前にある程度の計画を立て、それに沿って仕事を進めるようにしましょう。

気が散る要素を減らす

集中する方法として、仕事を始める前にデスク周りを片付けて軽く掃除をするのもおすすめです。物が散らかっていたり埃や汚れが溜まっていたりすると気が散ってしまい、集中力が下がりやすくなります。

また、オフィス勤務の場合はスマホのバイブレーションの振動音や通知音がならない設定にしたり、在宅勤務の場合は、テレビや雑誌などの娯楽品をデスク周りから片付けたりするのも効果的です。

このように、気が散る要素をなるべく自分の周りから排除して、集中する時間を長く保てるように工夫をしましょう。

仕事をする前に身支度を整える

仕事をする前に身支度を整えることも、集中力を高めるために効果的です。

例えばオフィスへ出社する際、自分の気持ちが引き締まるような服装に着替えたり、女性の場合はメイクやネイルをいつもより時間をかけて行ったりすることで、モチベーションアップにつながり仕事に集中しやすくなります。

一方、在宅勤務の場合は、部屋着やパジャマのままだとプライベートと仕事の気持ちの切り替えがしにくくなり、仕事へのモチベーションが湧かず集中力が保てない場合があります。

そのため、「仕事をするぞ!」とやる気が出るように、仕事着に着替えて髪型を整えるなどの「身なりを整える」ことが大切です。

在宅勤務だと誰に会うわけでもないですが、身支度をして仕事に挑むだけでやる気が生まれやすくなり、それが仕事に集中することにつながります。

部屋を快適な温度・湿度にする

仕事をする部屋の温度は、集中力に影響すると言われています。

エアコンで部屋を適温にするポイントは、自分自身が「涼しい」と感じられる温度設定にすること。逆に「寒い」と感じるまで温度を下げてしまうと、寒さから脳がストレスを感じてしまい集中力が下がりやすくなるため、仕事部屋の室温管理には気を配ることが大切です。

また、エアコンの他に除湿・加湿器を併用することで、部屋の温度・湿度を適切に保つことができ、さらに快適になります。なお、人は湿度60%を超えると蒸し暑さを感じてしまい集中力が低下すると言われているため、湿度40%〜60%にするのがおすすめです。

仕事に集中する具体的な方法やコツ

仕事に集中する具体的な方法やコツ

仕事始めは集中できるのに、その状態が長く続けられない…という方は少なくありません。

そこでこの項目では、仕事に集中するための具体的な方法や維持させるコツについて紹介します。

ポモドーロテクニックを活用する

ポモドーロテクニックという時間管理術を使うことで、集中力が保ちやすくなります。

ポモドーロテクニックを簡潔にいうと「集中する作業」と「休憩」を交互に繰り返し行うことで生産性と集中力を高める方法です。具体的な方法は次の通りです。

①25分間集中して仕事を行う
②5分間の休憩
③25分仕事+5分休憩を1ポモドーロとし、これを4ポモドーロ行う
④4ポモドーロ終えたら30分休憩

このように、ポモドーロテクニックはなるべく短い作業時間にすることがポイントです。また、1ポモドーロ内で「決められた時間内に仕事を終わらせる!」という緊張感の中で、目標に向かって努力することが集中力の維持につながります。

作業用の音楽を聞く

仕事中に無音で作業をするより、音楽を流した方が集中できるという方がいます。

「自分は音楽を聴くと、集中力が上がるタイプなのかどうなのかがわからない…」という方は、一度試してみるのもいいかもしれません。音楽を聴くだけで集中が続くのであれば、手軽な方法で集中力をコントロールできるためメリットがとても大きいです。

もし仕事中に音楽をきく場合は、「仕事前」と「仕事の合間」によって聴く音楽のジャンルを変えることをおすすめします。

ただ、仕事中に歌詞がある音楽を聞くと、自然と言葉が耳に入ってしまうため、それに気を取られて集中しづらくなります。そのため、仕事中に聞く音楽は歌詞がある曲はなるべく避けて、インストゥルメンタルを選んだり、川の流れや雨音などの環境音を流すのがよいでしょう。

また、仕事前に気分やモチベーションを上げたいときは、歌詞の有無に関わらず、自分自身が好きな曲を聞くのがよいでしょう。人は興奮状態になるとドーパミンが分泌され、意欲や多幸感が高まりやすくなるため仕事へのやる気が沸き、それが集中力の維持につながります。

仕事をする場所を変える

仕事に集中する手段として、場所を変えてみるのもおすすめです。

同じ場所で仕事をし続けると刺激が少なくなるため、脳の活動が低下しやすくなり、集中力が途切れてしまう可能性があります。しかし、場所を変えることで気分がリフレッシュされると、新たな気持ちで仕事に取り組むことができるため、ずっと同じ場所で仕事をするよりも集中力が高まりやすくなります。

自分の部屋からリビングへ移動するという手軽な方法でも効果があります。

例えばリモートワーカーの場合だと、自分の部屋からリビングへ移動するという手軽な方法でも効果がありますが、カフェやコワーキングスペースなどの場所によっては、腰が疲れにくい椅子や電源などの設備が充実しており、より仕事に集中しやすい環境が整っているのでおすすめです。また、その場所へ行くために徒歩や交通機関を利用して移動するため、プライベートと仕事の区別がつけやすいというメリットがあります。

一方、オフィスワーカーの場合は、1人で集中して業務ができる場所をあらかじめ確認しておくようにしましょう。1人で仕事に集中したいと思っていても、周りから話しかけられて集中が中断させられてしまった…というのは経験済みの方が多いかと思います。そんな時に空いている会議室や集中ルームなどのような、仕事に没頭しやすい場所を活用するのも集中する方法として効果的です。

眠い時には仮眠をとるのも集中する方法の一つ

仕事中にどうしても眠くなってしまった場合は、思い切って仮眠をとるようにしましょう。仮眠をとると身体が休まるほか、仕事で使った脳が回復して集中力が上がるという効果が期待できます。

眠気は最も集中力の低下につながりやすい原因で、物事を考えたり覚えたりする認知機能の低下を招き、集中力を妨げます。

そのため、どうしても眠い時は20分程度の仮眠をとり、再び仕事を始めることをおすすめします。例えば午前中は仕事に集中して、お昼頃に仮眠によって疲労した脳を回復させ、スッキリした状態で午後の業務に集中するというのも方法の一つです。

集中するための習慣やその方法

座りながらストレッチして集中力を持続させる

集中力の高さと普段の生活習慣は結びついていると考えられています。

ここでは仕事に集中するために、身につけておきたい習慣やその方法についてまとめました。

質の良い睡眠を心がける

集中力の妨げになる原因の一つに「睡眠不足」があります。寝る前にスマホやパソコンを見て頭が冴えて眠れない…というような経験をしたことがありませんか?

仕事中への集中力を高め、それを維持するために重要なのが「質の良い睡眠」をとることで、それは「スムーズに眠れた」「深く眠れた」「スッキリと目覚めることができた」と自分自身で実感できることがポイント。つまり、心身ともに休めている状態のことを「質の良い睡眠」と言います。

良質な睡眠をとる方法はいくつかありますが、特に意識すべき点は次の通りです。

  • 寝る前のスマホの使用は避ける
  • 日中に適度な運動をする
  • 夕食を早めに済ませる

特に寝る前のスマホは注意したいポイントで、スマホから発せられる光によって脳が昼だと錯覚してしまい、それが睡眠を促すメラトニンの分泌量が制御されて眠りが浅くなり、その結果、集中力の低下につながる可能性があります。

また、日中に適度な運動をすることで身体が程よく疲労を感じるため、スムーズに入眠することができます。

さらに、夕食は寝る3時間前までには終わらせるのも効果的です。食べ物は消化するのに3時間かかると言われており、食後すぐに寝てしまうと、自分は寝たつもりでも身体の中では消化活動が行われているため、眠りが浅くなりやすいです。

ストレッチをして身体をほぐす

仕事中の集中力が切れてボーッとしてしまった…という経験がある方は少なくありません。そんな時は、軽く身体を動かしてリフレッシュをするのも集中力を高める良い方法です。

デスクワークの場合、長時間同じ姿勢を続けることにより肉体的な疲労を感じやすくなったり身体の一部分に負荷がかかり続けたりして、肩や腰などに悪影響がでる場合があります。そしてその身体の痛みや疲労が、集中力の低下につながります。

それを防ぐのに有効なのがストレッチ。身体をほぐすことでガチガチにこり固まった身体をほぐすことで疲れを和らげ、気分もリフレッシュされて集中力を高める効果が期待できます。

ストレッチには手軽なものや座ったままできるものもあるので、ぜひ手軽なストレッチから日々の習慣に取り入れてみてはいかがでしょうか。

コミュニケーション頻度を高める

オフィス勤務で仕事の集中が切れてしまったら、自席の周囲の同僚とコミュニケーションを取りながら仕事をすると気分転換やモチベーションアップになり、仕事に集中しやすくなります。

一方、在宅勤務などで仕事をする場合、直接対面のコミュニケーションがどうしても減ってしまいます。

在宅勤務は、オフィスに出社をする勤務形態と比べると自由度が高くなり、プライベートと仕事のバランスがとりやすいというメリットがありますが、基本的に1人で仕事を進めるため、人によっては孤独を感じたりプライベートと混同してしまったりして集中力が切れてしまうというケースがあります。

その対策として、リアルタイムでコミュニケーションが取れるチャットツールやバーチャルオフィスなどのツールを活用するのがおすすめです。

会社のメンバーや上司とコミュニケーションが取れるツールを導入することで、「いつでも連絡がとれる」という安心感が持てるようになり、それが孤独感を防いで仕事へのモチベーションが維持しやすくなります。

また、チャットツールで仕事の進捗やたわいもない会話を行い、オフィスへ出社している状態と同じような環境に近づけることで、より仕事に集中することができます。

コミュニケーションツールなら「SONR」の活用がおすすめ

社内コミュニケーションツール「SONR(ソナー)」

コミュニケーションを円滑にすすめるなら、「SONR(ソナー)」を活用するのがおすすめです。

SONRは、インターネット環境があれば、パソコンやスマートフォンなどで手軽にタスク管理や情報共有ができます。

SONRは、オンライン上で円滑なコミュニケーションがとれるツールで「もっともシンプルで、もっとも簡単な」をプロダクトポリシーにしており、誰でも簡単に操作ができます。

また、自分に関わりのある情報がまとめて表示されるのがSONRの特徴で、SNSのタイムラインのように、ニュースフィードをスクロールしながら一目で確認が可能。

情報を確認したら、「確認ボタン」を押してニュースフィード上から非表示に。ワンクリックでフィードの整理ができ、重要な情報が流される心配がありません。

SONRの特長
  • シンプルで誰でもかんたんに操作ができる
  • 300名までで月々2万円 中小企業が導入しやすいプラン
  • 組織外メンバーとも共有可能
  • 全国の中小企業1,000社以上での導入実績

全国の中小企業1000社以上での導入実績がある「SONR」は、多くの業種での生産性向上と業務効率化の実績があり、ITツールの使用に不安がある企業様でも、安心して導入いただけます。

さらに、中小企業が導入しやすいコスト、導入の訪問サポートやオンラインサポートなどが充実しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

お問い合わせはこちらから
SONR HPはこちら

SONR製品資料

資料ダウンロード

SONR製品資料や活用事例をはじめ、効率的な働き方に役立つ資料をダウンロードいただけます。