ブログ

コミュニケーションスキルとは? 能力が高い人の特徴と能力を向上するための方法

社内コミュニケーション
コミュニケーションスキルとは? 能力が高い人の特徴と能力を向上するための方法

職場や家庭、友人など人間関係において意思疎通を図るために必要なコミュニケーションスキル。

コミュニケーションの仕方ひとつによって、相手とのその関係性にも大きく影響します。

今回はコミュニケーションスキルとは何かを解説したうえで、コミュニケーションスキルの高い人の特徴やまたその能力を向上させるための方法を紹介したいと思います。

コミュニケーションスキルとは?

コミュニケーションスキルとは?

コミュニケーションスキルとは、対人関係において相手と情報を共有し、意思疎通を図るための技術のことです。

「コミュ力」や「コミュニケーション能力」という言葉を耳にしたことがあると思いますが、これらもコミュニケーションスキルと同じ意味を表します。

わたしたちは普段、家庭や恋人、友人、職場などあらゆるシーンで相手と会話を重ね、コミュニケーションを取りながら人間関係を築いています。

つまり、今ある人間関係は人生において自分が積み重ねてきたコミュニケーションが大きく影響しているのです。

コミュニケーションスキルが高い人の特徴って?

コミュニケーションスキルが高い人の特徴って?

コミュニケーションが上手な人を見て、誰もが「あんな風になりたい」と思ったことが一度はあるかと思います。

コミュニケーションスキルが高いとビジネスシーンにおいても社内外で円滑な人間関係を築きやすく、効率のよい会議やクライアントとのスムーズな交渉など業務上でその能力が活かされることがたくさんあります。

それではコミュニケーションスキルが高い人にはどういった特徴があるのでしょうか。
以下に詳しく解説します。

相手の話をきちんと聞く

コミュニケーションスキルが高い人=お話上手な人というイメージがありますが、実は聞き上手でもあります。

一方通行にならないように、コミュニケーションでは相手の話を聞くのも重要なポイント。
相手や相手の話に関心を持って会話に臨むことで、相手が安心して話しやすい空気を作ります。

話が的確で分かりやすい

コミュニケーションは自分の伝えたいことを正しく分かりやすく伝えることが基本です。

話を聞いていて、「この人は結局何を伝えたいのだろう?」と感じたことのある方もいるかもしれません。それに比べて、コミュニケーションスキルが高い人は、伝えるべきポイントが明確なのです。

「伝える」だけではなく、相手がきちんと理解できるかどうかに重きを置きながら「伝わる」ことを考えて話すと、より会話がスムーズになることでしょう。

話題のトピックスを準備している

物知りで会話のネタを持っている人は、相手の年齢や性別などの区別がなく、どんな場面でも会話に対応することができます。

初対面であっても相手に合わせた話題を提供し、話を膨らませることができるので相手も自然と話しやすく感じます。

仕事のプレゼンテーションでも自社の商品や企画について興味を持ってもらうために事前に準備をしますが、それと同じで普段から話のネタを収集して引き出しを増やしているのもコミュニケーションスキルが高い人の特徴と言えるでしょう。

コミュニケーションスキルを高める方法

コミュニケーションスキルを高める方法

私たちが生きていくうえで欠かせないコミュニケーション。
そのコミュニケーションスキルを高めることで、様々なメリットがあります。

ビジネスでは組織の中や取引先とのやりとりで信頼関係が生まれてあなた自身の評価が上がり、収入面の評価へと影響する事も。

またプライベートでも人生を共にするパートナーや家族、友人などとの関係性はお互いストレスがなく、常に良好でありたいものですよね。

今しているコミュニケーションの仕方を見直すことで自分にとって心地の良い環境を生み出し、人生の充実度も変わってくるかもしれません。

ここではコミュニケーションの能力を高めるための、実践的なスキルをいくつかご紹介していきます。

①双方向のコミュニケーションを意識する

よく会話はキャッチボールであると言いますが、1:1で会話をするときのバランスはお互い4~6割で話すのが理想的とされています。

このバランスが崩れると、「相手は自分の話ばかり」「自分の話を聞いてもらえない」「自分の話に興味がないのかもしれない」と感じるようになり、話すことが負担になることも。

一度自身の会話を振り返り、双方向でのコミュニケーションを心掛けてみましょう。

②積極的に質問をする

コミュニケーションが苦手な人にありがちなのが、会話の途中で分からないことがあってもそのままうやむやにして流してしまうこと。
不明な点や、気になることがあれば積極的に質問することをおすすめします。

質問を受けた相手からすれば、「しっかりと自分の話を聞いてくれている人、理解しようとしてくれている人」という印象に。

相手の意思や思いがけない話を引き出すきっかけともなり、自然と会話も続くので普段から習慣づけて質問力を高めていきましょう。

③表情や立ち振る舞いにも工夫を

相手と話をしていても、お互いに伝わっていなければ意味がありません。
会話だけでなく、表情や立ち振る舞いも非言語コミュニケーションとして大きな役割を果たしています。

無表情のまま話すよりも、笑顔で話すことで相手の受け取る印象も随分と変わります。
また人の話を聞くときは、頷いたり感心したりとリアクションを取ることでより聞く姿勢であることが相手に伝わりやすくなります。

④相手を褒める

スキルを上げて周囲から自分の評価を高めることが大事ですが、まずは相手のことを褒めてみましょう。

仕事上の業務に対して「〇〇さんにお任せしてよかったです」と伝えたり、会った相手に「素敵な洋服ですね」とその日の持ち物を褒めたり、素直でポジティブな感想を伝えられることは相手にとってもうれしいもの。

周囲を褒めることを繰り返しているうちに、どこかで周囲から自分も褒められる循環が生まれて、褒め合うコミュニケーションに。

そんなネットワークが連鎖すれば、仕事もプライベートも周囲と良好な関係を築けるのではないでしょうか。

話のネタのストックを増やす

話すことが苦手な人ほど事前の準備や計画性がなく、その場限りでやり過ごすミュニケーションになってしまいがちです。

上辺だけの会話は相手にも伝わってしまうもの。苦手だと感じるなら、なおさら事前に準備をしておくことが必要です。

日頃からあらゆる場面でアンテナを張り、話のネタや題材をストックしておくことで会話をスムーズに運ぶことができるようになります。

円滑なコミュニケーションスキルを取るなら「SONR(ソナー)」がおすすめ

社内コミュニケーションツール「SONR(ソナー)」


社内コミュニケーションツール「SONR(ソナー)」は、社内で起こっている、一つ一つの話題に集中できるよう設計されており、社内の出来事を整理しながら確実に完了させていくことができるグループウェアです。

SONRでは、投稿を自分用に保存するメモ機能があります。
大事な投稿や備忘録として保存しておきたいものなどはメモ機能を使うことで、常に画面に出しておくことが可能です。

またSONRは「もっともシンプルで、もっとも簡単な」をプロダクトポリシーにしており、誰でも簡単にブラウザや専用アプリから投稿の確認、コメントの返信、予定の確認などができる様になっています。

さらに、『中小企業が導入しやすいコスト・導入の訪問サポートやオンラインサポートなどの支援・多くの業種での生産性向上と業務効率化の実績』などITツールの導入が不安な企業でも安心して導入いただけます。

お問い合わせはこちらから
SONR HPはこちら

タスク管理ツール「SONR」の導入事例

サービス業 武蔵境自動車教習所様

情報共有が簡単にできるようになり、業務が軽減。スタッフの負担もなく、アナログな会社に合わせたIT化ができた。
詳しくはこちら

飲食業 株式会社ふるいち様

社内コミュニケーションがしやすくなり、情報共有が簡単に。情報を見える化することで効率的な業務が実現した。
詳しくはこちら

広告・印刷業 株式会社エーデックス様

スタッフによってバラつきのあった連絡ツールをまとめることで社内での情報の一元管理が可能になった。会社の動きが見えやすくなり、お客様とのやりとりも快適に。
詳しくはこちら

SONR製品資料

SONR製品資料

SONRはどんな機能があって、何ができるの?を解決できる資料です。