ファイルを整理する

ユーザーマニュアル

ファイルを整理する

ボードに添付されたファイルは、任意に設けたフォルダに保存しておくことができます。
ここでは、フォルダの作り方とその中へファイルを収める方法をご案内します。

Step1

左サイドのメニューから「ファイル」のアイコンを選び、その中の「ファイル管理」をクリックします。

ファイル管理011

Step2

右側には「ファイル管理」という見出しの一覧が表示されますので、右端の[フォルダ作成]ボタンをクリックします。

ファイル管理012

Step3

新規にフォルダ名を入力する画面が現れます。
その後、任意の(できれば他のメンバーにもわかりやすい)フォルダ名を入力して[作成]ボタンをクリックします。

ファイル管理025

Step4

フォルダが追加されたら一覧が更新されます。

ファイル管理013

Step5

フォルダの行についている歯車のアイコンをクリックすると、以下の操作が行えます。
 ・フォルダ名の変更
 ・フォルダごとダウンロード
 ・削除

ファイル管理014

Step6

「フォルダ名を編集」を選ぶと、フォルダ名の変更が行えます。
変更後は[変更]ボタンをクリックします。

ファイル管理015

Step7

フォルダ自体に閲覧の権限を設定する場合は、該当するフォルダ名をクリックします。
そのフォルダの一覧画面に変わったら、フォルダ名の右横の歯車のアイコンをクリックします。

ファイル管理016

Step8

表示された選択肢の中から「権限設定」をクリックします。

ファイル管理017

Step9

権限設定の小窓が表示されますので、自社内の全員が閲覧可能とする場合はこのまま[変更]ボタンをクリックします。
特定のメンバーのみとする場合は、リストボックスから「特定メンバーのみ」を選びます。

ファイル管理018

Step10

「特定メンバーのみ」を選んだあと、権限を付与するメンバーをチェクし最後に[変更]ボタンをクリックします。

ファイル管理019

Step11

閲覧の権限を付与されていないメンバーが「ファイル管理」を見たときは、図のように見えてきません。

ファイル管理020

Step12

ボードに添付されたファイルをフォルダに収める場合は、該当するファイルの一覧を表示させます。
その後、保存したいファイルにチェックを入れて[ファイルコピー]ボタンをクリックします。

ファイル管理021

Step13

表示された小窓から、どのフォルダにコピーするかをクリックして選びます。

ファイル管理022

Step14

選ばれたフォルダはグレーの色に変わりますので、その後[コピー]ボタンをクリックします。

ファイル管理023

Step15

フォルダの中に、ファイルがコピーされました。

ファイル管理024

★フォルダの閲覧権限が全員が閲覧できる設定になった場合、その中に保存されたファイルは、ボードの閲覧権限(通知先の設定)から切り離されて見ることができてしまいますので、管理の際は十分ご留意ください。