株式会社クリエイティブブレーン

導入事例

コンサルティング美容ディーラー

株式会社クリエイティブブレーン

住所
大阪府吹田市垂水町3丁目7-27
従業員
8名
設立
2012年3月
サイトURL
http://www.creativebrain.jp/

「美容室経営の近代化」を志す新生ベンチャー

ー本日は株式会社クリエイティブブレーン代表取締役の森さまと、総務の叶さまにお話を伺います。どうぞよろしくお願いいたします!まずは、御社の事業内容についてご紹介ください。

森社長 … 弊社は美容室を成長ステージに向けるコンサルティングディーラーとして平成24年に立ち上げた会社です。平成27年度現在、美容室は全国に23万社あると言われています。ただでさえ困難な市場環境の上に少子化によって新人の獲得も容易ではなくなっています。そのひとつの原因に「経営知識の欠如」があると私たちは考えています。

ーなるほど、そうした状況を打開するためにコンサルティングディーラーという志を立てたのですね?

森社長 … その通りです。弊社では「美容室経営の近代化を目指す」という視点で、美容サロンオーナーや社員さんと一緒に育っていけるような取り組みに力を入れています。従来の美容ディーラーでは美容商材を卸す機能が主でしたが、それでは我々も美容サロンも成長しません。そこで、お客さまの事業展開に沿って拡張していくニーズに応えた活動を行うようにしています。出店や採用、集客といった個別の課題をいかに解決していくかが私たちに課せられた課題だと思っています。その中で美容商材メーカーとの連携による旬報店システムが非常に有益で、13項目の指標を用いて美容サロンさんと一緒に成長している実感があります。

ー素晴らしい取り組みですね!これからの美容室経営はこうしたパートナーシップがとても大切ですね。

そうです。こうした取り組みを通して、美容業界の発展に足跡を残していきたいと考えています。美容室で起こるお困りごとを何でも解決できるような存在になっていきたいと思っています。社員さんにもこの想いを伝え続けているのですが、お蔭で少しずつ浸透してきていると思います。

外回り中心の活動でお互いの仕事が見えない状況に・・・

ーそうした中でSONR.を導入された訳ですが、どのような問題があったのでしょうか?

森社長 … 私たちの活動はお客様の所に訪問する事から始まります。その為、外回りの仕事が中心になり、その訪問先で何が起こっているのかがまったく共有されない状態でした。特に社員さん同士の情報共有がなかなか進まなかったのが大きな課題でした。社長、上司とは報告、連絡、相談が行われますが、それ以外の横のつながり、情報共有はまったく手つかずという状況だったのです。

ーそれまでは、どのような形で情報の共有や伝達を行っていたのでしょうか?

森社長 … これまでは口頭やメモといったアナログが中心でした。他のグループウェアも利用しておりましたが、なかなか浸透しないのが実情でした。情報共有の意味や必要性について深く考えていなかったのが原因だと感じます。そんな時にお勧めされたのがSONR.でした。今まで使っていたグループウェアは多機能でできる事も多かったのですが、外回りが中心の弊社では、もっとシンプルな方が良いと考えていたので、画面を見た時に「これなら使えるのでは?」と直感的に感じたのです。

ーありがとうございます!社員さんからはSONR.の利用に対する抵抗感などはなかったのでしょうか?

森社長 … 他のグループウェアを利用していたこともあり、抵抗は特にありませんでした。そもそも情報共有に問題を抱えていたものですから、時間が経つと共にスムーズに浸透していきました。

具体的なやり取りが増えてコミュニケーションが活性化

ーそのような中でSONR.を導入いただいた訳ですが、導入後に変化したことは何ですか?

森社長 … SONR.を導入することで、課題であった現場での出来事を共有化できるようになりました。ひとつの書き込みがコミュニケーションのきっかけになりますし、以前より具体的なやり取りが活発に行われるようになったのには驚きました。
特に新規活動を行っている社員さん同士でノウハウを交換するなど、次のアクションの改善に確実につながっています。経営者としても、より綿密なコミュニケーションが取れるようになっています。

ーコミュニケーションが活性化したのは本当に嬉しいですね。具体的にはどのような情報共有に利用されているのでしょうか?

森社長 … 日報をメインとして活用しています。この事でこれまで拾えなかったような意見が拾えるようになり、色々なことが見える化してきました。会議の資料などもあらかじめアップロードしており、会議の際には各自目を通してから参加する環境が整っています。また業務の内容をお互いに把握できていることで、問題が起こりそうな事が解るようになり未然に対策を行えるようになりました。

叶さま … 以前は紙ベースで会議を行っていましたので準備などが本当に大変でした。メンバー全員に同じ内容の情報を一気に共有化できるというのが想っていた以上に本当に役立っています。リアルな仕事のやり方も変わりましたし、実際に紙の出力も減りました。

「SONR.に上げといて!」が社内で飛び交っています

ー業務の流れが大きく変わっていったようですが、外回りの社員さんは主にスマートフォンで利用しているのですか?

森社長 … そうですね。社員さんは全員スマートフォンを利用していましたので、意外とスムーズに導入が進みました。操作方法などで特に迷う事もなかったようですし、今では「SONR.に上げといて!」というやり取りが社内で頻繁に行われるようになりました(笑)

ー社内で「SONR.に上げといて!」が飛び交うなんてとても嬉しい声ですね!ちなみにディスカッションボードはどんな風に利用していますか?

森社長 … 「日報」「スケジュール管理表」「業務報告」「お知らせ」「新人セミナー」「会議掲示板」「ホームページ管理」「商談報告」「新製品臨店講習」というテーマで利用しています。

ーたくさんのテーマでご利用いただいているのですね!今後はどのように運用していかれますか?

森社長 … まだまだ使いきれていない部分もありますが、もっとお客さまの情報などがタイムリーに飛び交うようにしていく必要があると感じています。たとえば「今月はお客さまの集客情報を調査しよう」などのテーマに沿って情報を集めることにも使えると思います。また弊社のお客様ともSONR.を使ってコミュニケーションを取ることを検討しています。この事で、社員さんとお客さまの距離もグンと縮まると考えています。

ーありがとうございます。では、製品・サービスに対してのご要望や、今後欲しい機能はありますか?

叶さま … パソコンからアップロードした時にzipファイルなどがiPhoneから見られないので、そういうものが幅広く見えるようになると便利だと思います。

森社長 … スケジュール管理機能が加わるとさらに便利になりますね。加えて、スマートフォンの画面で、プッシュ通知が表示されるようになるといいですね!

ーそれでは、最後に検討中の方に一言お願いします。

森社長 … 営業会社さんにおいては、日々の業務の共有化を図るのに非常に有益だと感じています。コミュニケーションという観点で言えば絶対にお勧めです!

ー本日はありがとうございました!

※会社名、役職はインタビュー当時のものです。

その他の導入事例

一覧へ戻る