ブログ

トラブルやクレームは一斉に共有したい!宿泊業でSONRをどう活用すべき?

SONR活用事例
トラブルやクレームは一斉に共有したい!宿泊業でSONRをどう活用すべき?

トラブルやクレーム対応に関する相談や報告など、情報共有にタイムラグが出てしまう…

日々の申し送りで「言った、言わない」のトラブルになってしまうことがある

本部やホテル間でのやり取りが煩雑で、部署や情報に差が出てしまう…

そんな宿泊業の情報共有における課題を解決するのが、コミュニケーションツール「SONR(ソナー)」です。今回は、宿泊業において、どうSONRを活用すべきか、その方法をご紹介します。

宿泊業でのSONR活用イメージ

宿泊業では、同じ場所で働くスタッフであってもシフト勤務などで全スタッフが揃うことが難しく、一斉に情報共有ができないという課題があります。

例えば、全員が見るだろうと掲示板などで情報共有しても、見ている人と見ていない人が発生してしまったり、緊急のお知らせなのに全員が確認するまでに時間がかかってしまったり…。

そんな時は、SONRが便利です。

SONRの「ボード」を使えば、社内の細かい連絡から、全社員向けのお知らせまで一斉に情報共有することができます。また、投稿を見た場合は「了解ボタン」を押すというルールを徹底しておけば、誰が確認していないかを素早くチェックすることもできます。

宿泊業でのSONR活用イメージ
社内の細かい連絡から、全社員向けのお知らせまで一斉に情報共有が可能です。

日々の申し送りにも便利

これまでシフト交代時に集合して行っていた申し送りやノートに記載する伝言メモでは、全ての情報を伝えることが難しい場合が多いです。 そんな時には、SONRを活用して申し送り専用ボードを作成。

ボード上に申し送りで伝えるべき情報を全て記載することで、一度で全員に伝えることができます。

SONRは日々の申し送りにも便利
SONRのボードを活用すれば、申し送りも一度で全員に伝達できます。

また、うっかり確認を忘れてしまった場合でも、スマホにSONRアプリを入れておけば、いつでもどこでもすぐに確認が可能です。

SONRには3名まで無料でお試しできる無料のプランがあるので、この機会にぜひ一度お試しください。

宿泊業の皆様の声

サービス業 株式会社王宮様

事業の拡大によって社員が一気に急増し、多くのスタッフやグループホテル間での連絡や報告に時間と労力がかかっていましたが、SONRを導入してからは、社員同士やグループホテル間での連絡がスムーズになり、業務の効率化に繋がりました。
詳しくはこちら

サービス業の導入事例はこちら

簡単操作の「SONR.(ソナー)」で情報共有を円滑に

社内コミュニケーションツール「SONR(ソナー)」

コミュニケーションツール「SONR(ソナー)」は、タスクや出来事を整理しながら確実に完了させていくことができるグループウェアです。

さらに、『中小企業が導入しやすいコスト・導入の訪問サポートやオンラインサポートなどの支援・多くの業種での生産性向上と業務効率化の実績』などITツールの導入が不安な企業でも安心して導入いただけます。

SONR.の特長
・シンプルで誰でもかんたんに操作ができる
・300名までで月々2万円 中小企業が導入しやすいプラン
・組織外メンバーとも共有可能
・全国の中小企業1,000社以上での導入実績

まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから
SONR HPはこちら

SONR製品資料

SONR製品資料

SONRはどんな機能があって、何ができるの?を解決できる資料です。