ブログ

在宅勤務によるストレスの原因と解消方法

テレワーク
在宅勤務によるストレスの原因と解消方法

働き方改革や新型コロナウイルスの影響で、テレワークによる在宅勤務が普及しました。

通勤時間が無くなるなどのメリットがある一方で、なかには自宅で仕事をするという環境の変化にストレスを感じるという人も増えています。

この記事では在宅勤務によるストレスの原因と、その解消方法について解説します。

在宅勤務でストレスを抱える原因とは?

在宅勤務でストレスを抱える原因とは?

働き方改革の推進や新型コロナウイルス感染症によって、在宅勤務を取り入れる企業が増え、ここ1年でテレワークをする人が急増しました。

通勤の煩わしさから解放され、会社勤務に比べて自由度が高いことがメリットと考えられていましたが、「コロナ疲れ」や「コロナうつ」という言葉が生まれるなど、最近では在宅勤務がストレスの原因の一つになっているといわれています。

では一体、在宅勤務のどういったところがストレスに繋がるのでしょうか。

具体的に、以下に挙げてみました。

会社通勤から在宅勤務へ環境の変化

これまで毎日会社へと出勤する生活を続けてきた人が、自宅で仕事をするというのは大きくライフスタイルが変わります。

通勤などがなくなり気が楽になったつもりでいても、仕事のオンとオフの切り替えが上手にできず、本来リラックスするはずの自宅で知らない間に仕事のプレッシャーを感じていることも。

また家族がいる人は、自宅で一緒に過ごす時間がこれまで以上に長くなります。

思うように外出ができないなか、気になることが増えたり家族内でも些細なことでイライラしたりすることがストレスに繋がってしまいます。

生活リズムの乱れ

通勤時間がなくなることで、これまでよりも起床する時間が遅くなったり、つい夜遅くまで起きていたりすると生活リズムが崩れがちに。
こういう生活が続いてしまうと、昼夜逆転に陥る可能性もあります。

睡眠のリズムが乱れると睡眠の質も下がり、朝起きるのが辛くなり、睡眠不足によって日中も頭がうまく働かず仕事の生産性も低下していまいます。

また就寝直前までパソコンやスマホを見るのは交感神経を刺激し、体や脳を興奮させるもとに。

睡眠に悪影響を与えるため、これらもなるべく控えるようにしましょう。

仕事へのプレッシャー

在宅勤務では周囲に仕事仲間がいないため、お互い働いている姿は見えません。その分、どれだけ仕事ができているかは成果でしか示せないことになります。

知らず知らずのうちに「成果を出さなければ」と焦り、自分の進捗状況に問題がないかを気にしながら仕事に対してプレッシャーを感じている人も多いようです。

また仕事でスランプに陥ったとき、気軽に相談できる仲間が周りにいないため一人で抱え込むことも。

普段からなるべく一つの仕事のみに集中しすぎず、複数の仕事を進めることがおすすめです。

ほかの業務があることで気分も切り替わり、ひとつの仕事においてのスランプもやり過ごしやすくなります。

在宅勤務による運動不足

通勤がなくなったのは在宅勤務のメリットですが、その分外を出歩く機会が少なくなり、運動不足に陥るケースが。

またテレワークではデスクワークを行う人がほとんど。

長時間パソコンの前に座りっぱなしで作業をしていると筋肉が凝り固まってしまい、肩こりや腰痛などの要因にもなります。

慢性的な運動不足が続くと血の巡りも悪くなり、ストレスと体調不良を引き起こしかねません。健康のためにも適度な運動も心がけましょう。

コミュニケーション不足による孤独感

在宅勤務において、一番深刻なのは精神的な孤立や孤独感です。

オンライン会議やチャット、電話でのやりとりはあっても、会社勤務のときに比べると直接人とコミュニケーションを取る機会はどうしても減ります。
外出を控えている状況で、一人暮らしであれば誰とも会わない、話さないといった日々が続くことも。

最初は気楽に思っていたはずの在宅勤務が、孤独感でつらいものに変わってしまう可能性があります。

在宅勤務によるストレスの予防と解消方法

在宅勤務によるストレスの予防と解消方法

在宅勤務によるストレスもひどくなると体調不良や鬱を引き起こしかねません。

そうなる前にしっかりと対策をして、健全な生活が送れるように心がけましょう。
テレワークが続いてストレスが溜まっているという方は、以下の解消方法をぜひ参考にしてみてください。

仕事のオン・オフの切り替えをする

在宅勤務では自宅が職場となるので、時間に縛られない自由度の高い環境に身を置くこととなります。

仕事のオンとオフの切り替えをしっかり行うのがテレワークのコツ。

会社へ出勤していたときと同じように、始業時間、休憩時間、終業時間を決めて仕事に取り組みましょう。
家だからといって部屋着や寝起きのままの姿で仕事を始めるのではなく、きちんと仕事着に着替えて身だしなみを整えるのもよいでしょう。

自宅にいる時間が長いなか、仕事とプライベートをしっかり分けることで生活にメリハリがつきます。

在宅勤務でもこまめな休憩を挟む

普段オフィスにいるときは、意識せずとも意外と休憩をとっています。トイレに行くついでや会議室への移動のタイミングで気を緩めたり、仕事の合間に周囲の人と雑談をしたり。

在宅勤務では一人で自宅の同じ空間にこもりっぱなしなので、集中力が欠けた状態のままついだらだらと効率の悪い仕事を続けてしまうことも起こりがちです。
人間の集中力には限界があるので、こまめに休憩をとることも必要です。

まずは25分のタスクを行ったあとに5分だけ休憩するなど、自分の集中しやすいスパンに区切って仕事を進めてみましょう。

適度な運動で体を動かす

在宅勤務による運動不足を解消するには、朝起きて仕事を始める前に簡単な筋トレをするのがおすすめ。
運動が苦手な人は、軽いストレッチや短時間の散歩なんかでも構いません。

筋肉を動かすことで脳を刺激し、集中力が発揮しやすくなるといわれています。

没頭できる趣味をもつ

在宅勤務で時間が自由になる分、自分の時間も捻出しやすくなります。

せっかく自宅にいる時間が長いのであれば、読書や映画鑑賞、ガーデニング、自宅でできる運動など何か趣味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

趣味をもつことでプレイベートの時間がより充実し、仕事のオンとオフの区別が付けにくいテレワークでも生活にメリハリが生まれます。

仕事以外のことに集中し、楽しめるものがあると心身ともにリフレッシュすることができます。

コミュニケーションを意識する

コミュニケーションを意識する

在宅勤務であっても、オンライン会議やチャットなどでの業務報告などは必須ですが、顔を合わす機会が減った分、遠隔でも仕事仲間とのコミュニケーションはしっかりとることが大切です。

また仕事のことだけでなく、時には雑談の時間を設けることも必要。
何気ない世間話やプライベートな会話を楽しむことで、うまくストレスを発散させましょう。

在宅勤務でストレスのないコミュニケーションをするならSONRがおすすめ

社内コミュニケーションツール「SONR(ソナー)」

社内コミュニケーションツール「SONR(ソナー)」

社内コミュニケーションツール「SONR(ソナー)」は、社内で起こっている、一つ一つの話題に集中できるよう設計されており、社内の出来事を整理しながら確実に完了させていくことができるグループウェアです。

SONRは「もっともシンプルで、もっとも簡単な」をプロダクトポリシーにしており、誰でも簡単にブラウザや専用アプリから投稿の確認、コメントの返信、予定の確認などができる様になっています。

さらに、『中小企業が導入しやすいコスト・導入の訪問サポートやオンラインサポートなどの支援・多くの業種での生産性向上と業務効率化の実績』などITツールの導入が不安な企業でも安心して導入いただけます。

お問い合わせはこちらから
SONR HPはこちら

タスク管理ツール「SONR」の導入事例

サービス業 武蔵境自動車教習所様

情報共有が簡単にできるようになり、業務が軽減。スタッフの負担もなく、アナログな会社に合わせたIT化ができた。
詳しくはこちら

飲食業 株式会社ふるいち様

社内コミュニケーションがしやすくなり、情報共有が簡単に。情報を見える化することで効率的な業務が実現した。
詳しくはこちら

広告・印刷業 株式会社エーデックス様

スタッフによってバラつきのあった連絡ツールをまとめることで社内での情報の一元管理が可能になった。会社の動きが見えやすくなり、お客様とのやりとりも快適に。
詳しくはこちら

SONR製品資料

SONR製品資料

SONRはどんな機能があって、何ができるの?を解決できる資料です。